土地家屋調査士の試験を受けよう|レッツ・トライ資格取得

いつでも頼られる法律のプロになる

資格取得に向けて

危険物乙4とはどんな資格か

危険物乙4とは正式名称を危険物取扱者乙種第4類といい、資格取得の試験は年間2から6回各都道府県で実施されています。第6類まである危険物乙種の資格ですが、危険物乙4類の取得者数が飛びぬけて多くなっています。その背景は、ガソリンスタンドや有機溶剤の取り扱いに必要なため社会的に需要がたかい事があげられます。試験を受ける際に注意しなければならないのは、各都道府県ごとに試験実施の回数が違うことです。少ない県では年間2回しか試験が実施されませんので事前に確認が必要です。合格率は30パーセント前後となっており、試験内容は3つの項目でわかれています。それぞれの項目で正解率60パーセントを下回ると不合格となります。

乙4資格取得の豆知識

合格率が30パーセント前後と合格者の少ない危険物乙4ですが、その合格率の低さからか資格取得のための講習会が数多く実施されています。合格のための特訓を行う合宿も存在し、こちらの合宿参加者の合格率は90パーセントを越えています。なかなか資格取得ができない場合は合宿の利用を視野に入れてみると良いでしょう。危険物乙4の試験時間は75分となっていますが、実際は35分経過した時点で回答が終了していれば提出し退出しても良いとされています。試験はマークシートの5択になりますのですばやく終わらせれば75分間すわり続ける必要がないのです。5択問題ですのでわからない場合もマークさえしておけば20パーセントの確率で正解となりますから必ずすべての問題に解答するようにしましょう。