土地家屋調査士の試験を受けよう|レッツ・トライ資格取得

いつでも頼られる法律のプロになる

危険物を取得

危険物乙4について知りましょう

日本の法制上、消防法及び関連法により危険物を取り扱ったりその危険物の取扱いに立ち会う際には危険物取扱者の国家資格が必要です。ここで言う危険物とは火災を引き起こす危険性のある物質全般を指し示し、その危険性物質に応じて取扱い可能な資格(甲乙丙)が決められています。現在、全都道府県にある一般財団法人消防試験研究センターの実施する資格試験で取得が可能です。 これらの危険物取扱者の内、危険物取扱取扱者乙種第4類(一般に危険物乙4)は取得者数が突出して多くいます。これは危険物乙4資格がガソリンスタンドの運営やガソリン等を輸送するタンクローリーの乗務、製造業において利用される有機溶剤の取扱い等で必要とされる資格の一つだからです。

取得するとこうしたメリットがあります

ガソリンスタンドから製造工場まで広範な社会的重要のある危険物乙4ですが、資格取得試験の受験資格のハードルは低く学歴や実務経験等は問れません。誰でも受験が可能である一方、企業の求人条件に危険物乙4取得済みであることがよくあります。 受験に際して受験地の制限はないため、迅速な資格取得が必要であったり実施回数が少なく日程の合わない都道府県に居住している場合、都合の合う日程で実施されている他の都道府県の試験を受験することが可能です。 試験内容は5肢択一式で試験時間は120分です。試験内容は危険物に関する法令15問、基礎的な物理・化学10問、危険物の性質及びその火災予防・消火方法10問となりますが、各科目毎の成績が60%以上であれば合格となります。